• チラシ

ご当地フェアの魅力

2022/3/11

  • #チラシ,イベント

今回は、みんな大好き「ご当地フェア」を取り上げます。地方の特産品を扱うアンテナショップや百貨店ほどの規模とはいきませんが、 普段利用するスーパーの一角でも実施されている「ご当地フェア」。各スーパーの発行するチラシの中には雑誌の特集並みに気合の入ったものが目に留まることもあり、手に取るとついつい見入ってしまいます。その中でもダントツ人気の北海道フェアを中心に、気になる事を調べてみました。

営業部社員が作成したチラシ発行状況に関する資料を見ていたところ「ご当地フェア」のチラシ画像が目に留まり、それはコープさっぽろが発行した「東京首都圏フェア」の企画チラシでした。東京都出身の自分からすると東京のフェアも企画されることがあるのかと新鮮に感じ、もしかしたら47都道府県すべてのご当地フェアが存在するかも?と興味本位で調べてみました。

「チラシタイトル100」(弊社のサービスです)から全都道府県名をキーワードでチラシタイトル検索をかけたところさすがに47都道府県全てはヒットしませんでしたが、チラシタイトル100の対象企業以外も調査したらお目にかかれたかもしれません。

しかし膨大な量を調べることになるので今回は断念。。。

掲載数ダントツはやはり北海道フェア。年間でどれだけの企業が実施しているのかと調べた結果、2021年度(2020/12/28-~2021/12/20-)は100企業中84企業が北海道フェアを実施していました。その中で、フェア実施の企業数を月次でまとめると・・・


2021年度北海道フェア企画掲載企業数

なんと毎月どこかの企業で北海道フェアをやっている!!最近は有名なお菓子や乳製品などの加工品も多く、そういった商品は季節に左右されないため一年中提供が可能です。そんな点も年間通じて開催できる要因でもあるのかな?と思います。

そうなると次に気になるのが扱われている商品ですが、それについても掲載数を併せて調べました。2021年度の北海道フェア実施企業において掲載された商品のランキングですが、やはり人気の商品というのは根強いなと感じます。近所のスーパーで北海道フェアに遭遇した際は『サッポロ クラシック』とタレに浸かったジンギスカンを買わずにはいられません!


商品ランキング


生鮮ランキング

最後に見ているだけでも楽しめる「ご当地フェア」チラシをご紹介します

  • 東急ストア
    見開きの冊子タイプのチラシで見ごたえある内容!この東急ストアの北海道フェア、チラシの商品を目当てに昼頃店頭に赴いたら商品は既に完売しており残念な記憶がよみがえりました・・・

  • エレナ
    スープカレーがインパクト大で食欲をそそります。掲載商品(生鮮)ランキングで白米は4位にランクインしていましたが、米の生産量が新潟県に次いで第2位だそうです。米アピールもしっかりされている抜かりないチラシです。

北海道フェア以外もご紹介♪♪

  • フレスタ
    「山陰スイーツフェア」甘党にはたまらない企画です。掲載商品が少なめですが、その場合写真が大きくなるのでより実物感が増して購買意欲をかき立てられます。

  • アップルランド
    「九州フェア」ですが、7県すべての特産品が揃っている贅沢なフェアです。チラシがすごろくのようなデザインになっていて掲載商品を一緒に見ながら進むと九州を旅行した気分に浸れるというおまけ付き。

個人的な興味から調べ始めたご当地フェアですが、想像以上に全国各地のスーパーで企画が実施されていることに驚かされました。特産品を近所のスーパーで購入できるという貴重な機会を逃す手はありません。また、地元を離れて生活している人にとっては慣れ親しんだ商品を手にできる機会でもあるなと思いました。コロナ禍という状況でなかなか地元に帰れない人も多いと思います。今後ますます魅力的なご当地フェアが増えるのではないかと期待します。

引用・転載につきまして

本記事の著作権は、株式会社チラシレポートが保有します。引用・転載をする場合には、以下の2点をお願い致します。

  • ①出典が株式会社チラシレポートである旨を明示してください。
  • ②内容を改変しないで下さい
  • ※引用・転載をされた事により、利用者もしくは第三者に損害その他トラブルが発生した場合、弊社は一切その責任を負いません
  • ※引用・転載についてのお問い合わせはこちら

お気軽にご相談・お問い合わせください。

03-3249-3030

受付時間:午前9時~午後5時 月曜日~金曜日(年末年始・祝日を除く)